Available versions




NTPテンプレート(リモート)

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_IP} <p>-</p> 127.0.0.1 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
NTP分散({$NTP_IP}) <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP推定遅延({$NTP_IP}) <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPポーリング間隔({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP同期サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>
ntpq({$NTP_IP}) <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP}]<p>Update: 3600</p>      
NTP上位サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP階層({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  

Triggers

There are no triggers in this template.

NTPテンプレート

Macros used

There are no macros links in this template.

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
ntpq <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p]<p>Update: 3600</p>      
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP分散 <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP推定遅延 <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP同期サーバ <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>
NTPDバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -c version]<p>Update: 3600</p>      
NTP階層 <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP上位サーバ <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPプロセス <p>-</p> Zabbix agent proc.num[ntpd]<p>Update: 60</p>      

Triggers

There are no triggers in this template.

NTPテンプレート(リモート)

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_IP} <p>-</p> 127.0.0.1 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
NTPポーリング間隔({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP階層({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP分散({$NTP_IP}) <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP同期サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>
ntpq({$NTP_IP}) <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP}]<p>Update: 3600</p>      
NTP推定遅延({$NTP_IP}) <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP上位サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  

Triggers

There are no triggers in this template.

NTPテンプレート

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Macros used

There are no macros links in this template.

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
ntpq <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p]<p>Update: 3600</p>      
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP推定遅延 <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP上位サーバ <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP階層 <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP分散 <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPDバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -c version]<p>Update: 3600</p>      
NTPプロセス <p>-</p> Zabbix agent proc.num[ntpd]<p>Update: 60</p>      
NTP同期サーバ <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>

Triggers

There are no triggers in this template.

NTPテンプレート(リモート)

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_IP} <p>-</p> 127.0.0.1 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
NTPポーリング間隔({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP階層({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP分散({$NTP_IP}) <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット({$NTP_IP}) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP同期サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>
ntpq({$NTP_IP}) <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP}]<p>Update: 3600</p>      
NTP推定遅延({$NTP_IP}) <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP上位サーバ({$NTP_IP}) <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p {$NTP_IP} grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  

Triggers

There are no triggers in this template.

NTPテンプレート

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Overview

NTP accuracy Template の日本語版です
英語版はこちらEnglish version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
NTPテンプレートが使用できます。

NTPアプライアンスなどZabbixAgentが使用できない環境のNTPサーバに対しては
NTPテンプレート(リモート)が使用できます。

NTPテンプレート(リモート)を利用する場合はホストマクロにおいて
{$NTP_IP}に監視対象のIPアドレスを指定してください。

ntpqによって表示されるすべての項目が監視できます。

NTP精度情報をグラフ化することが可能です。

Macros used

There are no macros links in this template.

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info      
ntpq <p>“*” 参照同期中のサーバーを表している “+” クロック誤り検査に合格したサーバー “#” 参照同期中ではあるが、距離が遠いサーバー “ “ 左に何も表示されない場合(空欄)、サーバーを参照していない “x” クロック誤り検査に不合格となったサーバー “. “ 参照リストから除外されたサーバー refid NTPサーバーが参照している上位ホスト名 or IPアドレス st NTPサーバーの階層 t 階層のタイプ l:local、u:unicast、m:multicast、b:broadcast when 最後のパケットを受け取ってからの時間(秒) poll 問い合わせを行う間隔(秒) reach 到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数) delay 推定遅延(ミリ秒) offset 偏差補償(ミリ秒) jitter RMS Jitterの平均値(ミリ秒)</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p]<p>Update: 3600</p>      
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$6}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP推定遅延 <p>NTPパケットの推定遅延時間</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$8}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$9}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP上位サーバ <p>同期しているNTPサーバーの上位NTPサーバ</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$2}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP階層 <p>同期しているNTPサーバーのstratum</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$3}’]<p>Update: 1800</p>  
NTP分散 <p>NTPオフセットの過去8回の分散平均値</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$10}’]<p>Update: 1800</p>  
NTPDバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -c version]<p>Update: 3600</p>      
NTPプロセス <p>-</p> Zabbix agent proc.num[ntpd]<p>Update: 60</p>      
NTP同期サーバ <p>同期しているNTPサーバー名</p> Zabbix agent (active) system.run[ntpq -p grep * awk ‘{print$1}’ sed s/*//]<p>Update: 1800</p>

Triggers

There are no triggers in this template.