Available versions




chronyテンプレート

Overview

chrony accuracy Template Englishの日本語版です
英語版はこちら

English version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
chrony テンプレートが使用できます。

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_OFFSET} <p>-</p> 50 Text macro
{$NTP_OFFSET_LARGE} <p>-</p> 5000 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info    
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔を示します。</p> Dependent item Updateinterval<p>Update: 0</p>    
NTP時刻差(ms) <p>NTP時刻とsystem時刻との差を示します。</p> Dependent item Systemtime_ms<p>Update: 0</p>    
NTP同期サーバ <p>-</p> Dependent item Reference<p>Update: 0</p>    
NTP時刻差(方向) <p>NTP時刻とsystem時刻との差の方向を示します。</p> Dependent item Systemtime<p>Update: 0</p>    
ネットワーク合計遅延 <p>stratum-1 までのネットワーク合計遅延です。</p> Dependent item Rootdelay<p>Update: 0</p>    
NTP階層 <p>監視対象サーバーのstratum階層</p> Dependent item Stratum<p>Update: 0</p>    
chronyc tracking <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc tracking]<p>Update: 10m</p>    
chronyc sources <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources]<p>Update: 10m</p>    
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item Lastoffset<p>Update: 0</p>    
同期状態 <p>同期状態 Normal 正常 Insert second 挿入 Delete second 削除 Not synchronized 同期していない</p> Dependent item LeapStatus<p>Update: 0</p>    
chronyバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc -v]<p>Update: 1h</p>    
NTPオフセット(長期平均) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item RMSoffset<p>Update: 0</p>    
chronyReach <p>過去8回の問合せ成功回数を8ビットで表現します。</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources grep * awk ‘{print$5}’]<p>Update: 10m</p>

Triggers

There are no triggers in this template.

chronyテンプレート

Overview

chrony accuracy Template Englishの日本語版です
英語版はこちら

English version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
chrony テンプレートが使用できます。

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_OFFSET} <p>-</p> 50 Text macro
{$NTP_OFFSET_LARGE} <p>-</p> 5000 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info    
NTP同期サーバ <p>-</p> Dependent item Reference<p>Update: 0</p>    
chronyバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc -v]<p>Update: 1h</p>    
NTP時刻差(ms) <p>NTP時刻とsystem時刻との差を示します。</p> Dependent item Systemtime_ms<p>Update: 0</p>    
NTPオフセット(長期平均) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item RMSoffset<p>Update: 0</p>    
NTP時刻差(方向) <p>NTP時刻とsystem時刻との差の方向を示します。</p> Dependent item Systemtime<p>Update: 0</p>    
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔を示します。</p> Dependent item Updateinterval<p>Update: 0</p>    
同期状態 <p>同期状態 Normal 正常 Insert second 挿入 Delete second 削除 Not synchronized 同期していない</p> Dependent item LeapStatus<p>Update: 0</p>    
NTP階層 <p>監視対象サーバーのstratum階層</p> Dependent item Stratum<p>Update: 0</p>    
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item Lastoffset<p>Update: 0</p>    
ネットワーク合計遅延 <p>stratum-1 までのネットワーク合計遅延です。</p> Dependent item Rootdelay<p>Update: 0</p>    
chronyReach <p>過去8回の問合せ成功回数を8ビットで表現します。</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources grep * awk ‘{print$5}’]<p>Update: 10m</p>
chronyc sources <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources]<p>Update: 10m</p>    
chronyc tracking <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc tracking]<p>Update: 10m</p>    

Triggers

There are no triggers in this template.

chronyテンプレート

Overview

chrony accuracy Template Englishの日本語版です
英語版はこちら

English version of the template is in the link .

テンプレートを利用する場合zabbix_agentd.confでリモートコマンドを有効にしてください。

EnableRemoteCommands=1
UnsafeUserParameters=1

ZabbixAgentがインストールされた環境に対しては
chrony テンプレートが使用できます。

Macros used

Name Description Default Type
{$NTP_OFFSET} <p>-</p> 50 Text macro
{$NTP_OFFSET_LARGE} <p>-</p> 5000 Text macro

There are no template links in this template.

Discovery rules

There are no discovery rules in this template.

Items collected

Name Description Type Key and additional info    
NTP同期サーバ <p>-</p> Dependent item Reference<p>Update: 0</p>    
chronyバージョン <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc -v]<p>Update: 1h</p>    
NTP時刻差(ms) <p>NTP時刻とsystem時刻との差を示します。</p> Dependent item Systemtime_ms<p>Update: 0</p>    
NTPオフセット(長期平均) <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item RMSoffset<p>Update: 0</p>    
NTP時刻差(方向) <p>NTP時刻とsystem時刻との差の方向を示します。</p> Dependent item Systemtime<p>Update: 0</p>    
NTPポーリング間隔 <p>NTPサーバとの同期間隔を示します。</p> Dependent item Updateinterval<p>Update: 0</p>    
同期状態 <p>同期状態 Normal 正常 Insert second 挿入 Delete second 削除 Not synchronized 同期していない</p> Dependent item LeapStatus<p>Update: 0</p>    
NTP階層 <p>監視対象サーバーのstratum階層</p> Dependent item Stratum<p>Update: 0</p>    
NTPオフセット <p>NTPサーバとの時刻ズレ</p> Dependent item Lastoffset<p>Update: 0</p>    
ネットワーク合計遅延 <p>stratum-1 までのネットワーク合計遅延です。</p> Dependent item Rootdelay<p>Update: 0</p>    
chronyReach <p>過去8回の問合せ成功回数を8ビットで表現します。</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources grep * awk ‘{print$5}’]<p>Update: 10m</p>
chronyc sources <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc sources]<p>Update: 10m</p>    
chronyc tracking <p>-</p> Zabbix agent (active) system.run[chronyc tracking]<p>Update: 10m</p>    

Triggers

There are no triggers in this template.